申請の種類は、以下の5つの区分に分類されます。
①新規申請
②許可換え新規 
③般・特新規
④業種追加
⑤更新

基本となる5つの申請について

区分内容
1新規新たに許可申請するものです。
過去に、許可を有していた者が許可業種の全部を廃業し、
再度許可を取得する場合もこの新規申請を行います。
2許可換え新規・元々都道府県知事許可があり、その都道府県のみに営業所があった者が、
 全ての営業所を異なる都道府県に設置する場合の申請
(A知事許可→B知事許可)
・元々大臣許可があり、複数の都道府県に営業所があった者が、
 全ての営業所を異なる都道府県に設置する場合の申請
(大臣許可→C知事許可)
・元々都道府県知事許可があり、その都道府県のみに営業所があった者が、
 新たに営業所を異なる都道府県に設置する場合の申請
(D知事許可→大臣許可)
3般・特新規・一般建設業の許可のみを受けている者が、新たに特定建設業の許可を
 申請する場合の申請
・特定建設業の許可のみを受けている者が、新たに一般建設業の許可を
 申請する場合の申請
( ただし、 全ての許可を一般建設業にする場合は、「新規」となります。)
4業種追加・一般建設業の許可を受けている者が他の建設業について
 一般建設業の許可を申請する場合の申請
・特定建設業の許可を受けている者が他の建設業について
 特定建設業の許可を申請する場合の申請
5更新既に受けている建設業の許可の更新を申請する場合(5年ごと)

③④⑤は、組み合わせて申請することができます。
⑥般・特新規+業種追加
⑦般・特新規+更新
⑧業種追加+更新
⑨般・特新規+業種追加+更新

これらの区分を申請する際に注意をしなければならないポイントがあります。
以下の重要なポイントを解説しています。